沿革

沿革

■ 70年代

1971.3 製本機械[油圧プレス]及び[自動再ならし機(FN)]を開発・生産
1971.5 製本機械[自動スタッカー]及び省力搬送装置を開発・生産
1972.10 製本機械[自動ならし機(FM)]を開発・生産
1973.5 製本機械[反転装置(FTA)(FTB)]を開発・生産
1973.6 事務機[アイデックス]を開発・生産
1974.5 製本機械[バッキングフィダー(FSB)]を開発・生産
1974.10 製本機械[交互集積装置(FCS)]を開発・生産
1978.10 自動車部品[複合洗浄機]を開発・生産
1979.12 事務機[電動大束帯封機]を開発・生産

■ 80年代

1982.3 製本機械[一本積機(FPS)]及び[当紙供給装置]を開発・生産
1982.7 製本機械[結束装置]を開発・生産
1983.5 製本機械[タワーコンベアー(TC)]を開発・生産
1984.4 製本機械[Rローダー(結束装置改良型)]を開発・生産
1984.7 印刷関連機械[スタッカーバンドラー]FRSU/縦型 を開発・生産
1985.2 製本機械[高速スタッカー(FBS)]を開発・生産
1986.8 製本機械[投込装置]を開発・生産
1987.5 製本機械[パレタイザー]を開発・生産
1987.9 製本機械(FCS-45,FBP-45改良型)を生産
1989.7 製本機械[高速スタッカー]FBS-CWを開発・生産
1989.9 製本機械[非常排出]ECを開発・生産

■ 90年代

1990.11 製本機械[自動結束機]PPバンドによる開発・生産
1991.7 本社、工場完成、荒口工場より泉沢1250番地に移転
1991.8 製本機械[反転装置]TUPを開発・生産
1991.9 製本機械[リボン挿入機]MRI新型開発・生産
1992.5 製本機械[ウェイトチェッカー]EC-10,W/C開発・生産
1992.10 製本機械[クルミ機]FCMO新型作成・生産
1993.3 印刷関連[スタッカーバンドラー]RP-SB(RSB0)/縦型 新型、開発・生産
1993.6 製本機械[トライオート入口・出口自動化装置]JF,JD-BF,JD-BS開発・生産
1993.6 製本機械[中綴結束]ライン
1994.9 製本機械[ラッピングスタッカー]FBS-CWB開発・生産
1995.8 創立30周年を迎える
1995.12 第二工場完成。レーザーカッティングマシン設置・稼動
1998.1 大胡工場を買収
1999.2 製本機械[高速パレタイザー]PLMUBを開発。
1999.2 電話帳の高速ラインを中心に生産販売を開始

■ 2000年代

2000.6 印刷関連[スタッカーバンドラー]LSBT/傾斜型 を開発
2001.3 製本機械[全自動包装機]をパックマン社提携し改造後生産販売を開始
2001.4 従来の書籍輪転デリバリースタッカーバンドラーに加え[商印用スタッカーバンドラー]TPLB/横型 を開発し生産を開始、輪転用スタッカーバンドラーの総合メーカーへと踏み出す
2002.4 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理支度処理装置]の開発を通産省の補助金で着手完成
2002.6 製本機械[中綴スタッカーバンドラー]CSSTを開発、世界最速のラインスピード(18000冊rph)に対応、集積排出スピードも世界最速の(25駒rpm)を実現、大手印刷メーカーを中心に生産販売を開始
2002.8 食品機械[豆腐加熱殺菌装置]を日本ハイコム(株)様と共同開発、煮沸加熱殺菌解凍装置の生産開始
2003.5 食品機械[海老解凍装置]を日本ハイコム(株)様と共同開発、生産開始
2003.9 食品機械[豆の加熱装置食、肉解凍装置、鶏肉解凍装置、フィルター乾燥装置ハンペン加熱、殺菌装置、魚の切り身解凍装置、冷凍パン生地解凍装置等々]生産に続々と着手
2004.8 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理装置]をイギリス、デーリーミラー社向受注
2004.10 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理、支度処理装置]をイギリス、ニューズインターナショナル社向で受注
2004.11 印刷機械[高速高精度仕分装置]を群馬大学、群馬産業センターとの共同開発で完成、1800rpmの流れで高精度仕分に成功、
生産販売開始
2004.11 印刷関連[スタッカーバンドラー]RTS0/落下型 を開発
2005.8 製本印刷関連[全自動全面包装機]のバージョンアップ設計製作を完成、生産販売開始
2005.9 包装機関連[カード包装機向オートローダー]の開発 27000rphの速度で”切り出しフィードに成功 製造販売開始
2005.9 CNC旋盤 NL2500Y/700(森精機製作所)導入
2006.2 マシニングセンター NV5000 IB/50(森精機製作所)導入
2006.2 カード関連機械[カードフィーダー]HSCF-000開発
2006.5 製本機械[トンネル結束機]PFBSを開発
2006.7 新生産管理システム稼動
2006.10 東京支店開設
2006.11 五軸加工機 H40i(安田工業)導入
2006.12 レーザー加工機入替 TRUMATIC(トルンプ) L3050導入
2007.1 門型マシニングセンター MPC-3150E(東芝機械マシナリー)導入
2007.7 図書館向け[ブックコーティング2号機]の開発
2007.7 製本機械[オートローダー]の開発
2008.4 製本機械[トリムモニター]の開発
2009.6 一般産業機械[FPD搬送装置(実験・評価用)]の開発

■ 2010年代

2010.10 製本機械[カバー掛け装置]の開発
2011.7 大阪支店開設
2011.9 製本機械[振動テーブル]の開発
2011.10 カード関連機械[省エネ型高速断裁機]の開発
2011.11 ワイヤ加工機 AQ600L(ソディック)導入
2013.7 一般産業機械[加工クランプ治具]の開発
2014.9 カード関連機械[上取カードフィーダー]の開発
2014.9 5軸加工機 VC-X350(OKK)導入
2014.11 製本機械[新型トンネル結束機]の開発
2015.1 マシニングセンタ MILLAC468VI(オークマ)導入
2016.7 POD仮綴じ装置開発
2017.12.7 旋盤複合加工機 INTEGREX j-300 (Mazak)導入
2017.12.11 三次元測定機 CRT-AS7106(ミツトヨ)導入
2018.7.26 IGAS2018 出展
2018.10 横形マシニングセンタ NHX5000.RPP(DMG森精機) 導入